R.03.05.22

「函館碧血会」入会者募集

函館碧血会

「函館碧血会」は、明治八年(1875)に谷地頭の丘に碧血碑が建立されてから今日まで、毎年欠かすことなく碧血碑前において箱館戦争で犠牲になった旧幕府軍の「碑前慰霊祭」を行ってきました。箱館戦争が終った後、路傍に打ち棄てられていた旧幕府軍の犠牲者を市民が自主的に収容し、埋葬しました。「亡骸に敵味方はない」という考えのもとにです。

 今も「函館碧血会」では、「史跡・函館碧血碑」と境内周辺の環境を保全し、碧血碑に祀られる多くの志士たちの慰霊・顕彰」を行うことを目的として行動しています。私たちはこうした活動を通じて これからも会員相互の交流を図りながら、広く郷土の市民文化活動の一環として、活動を続けていきたいと考えています。

 いま、函館碧血会では、こうした会の趣旨・活動に賛同し、応援して頂ける方を募集しております。別に添付している「入会申込書」にご記入のうえ、郵送・FAX・メール等で事務局までお届け下さい。
なお入会頂きましたら、別に「振込用紙」をご送付致しますので、会費はそれにてお送り頂きますよう、お願い申し上げます。

○函館碧血会の主な活動

  1. 毎年の「6月25日」に碧血碑の前広場において、「碑前慰霊祭」を行います。
  2. 碧血碑並びに碧血碑境内およびその周辺敷地の、清掃・整備のなど手入れを行います。
  3. 会員相互の交流を図るため、文化活動や広報の発行を行います。
  4. その他、役員会で決められた事項を行います。

○会 費

入会を検討される方が、最も気にかかるのが年会費です。「函館碧血会」の規約上では、下記のとおりとなっており、定額会費制ではないのです。どうしてこのようになったのか、よくわかっていない所もありますが、おそらくは明治・大正の早い時期には、会費という制度ではなく、毎年の碑前祭の年忌として「御霊前」、「供花料」などの名目で持参頂いたことが始まりだったのではないかと思われます。

 「函館碧血会会則」の「運営細則」には、

  1. 入会時に「入会金千円」を、会費と共に納入します。
  2. 年会費は一口千円とし、二口以上の納入とする。(令和3年5月改訂)
と決められております。従来は一口以上でしたが、近年は「碧血会だより」の送付や会の運営費などもあり、年会費は二千円以上の金額を納めて頂く様改訂しております。
入会が確認され次第、郵便振替用紙をお送りいたしますので、お近くの郵便局で払い込みくださいますようお願い申し上げます。


入会を希望する方は、郵便・FAXまたは電子メールで以下の入会申込書を送ってください。

函館碧血会 入会申込書

◆ 郵便またはFAXで申し込む方は以下の画像をクリックしてください。印刷用のPDFファイルが開きます。

◆ メールで申し込む方は以下をコピー&ペーストして事務局あてお送りください。
事務局のメールアドレスは sewanin(at)hekketsu.org 【世話人@碧血.org(団体)】です。(at)を@に変えてお送りください。
住所は函館碧血会からの郵便が届くように正確にお書きください。


函館碧血会 入会申込書

函館碧血会 殿
以下の通り、入会を申し込みますのでよろしくお願い致します。

  • 1.月日:    令和   年   月   日
  • 2.氏名:
  • 3.氏名フリガナ:
  • 4.生年月日: (昭和 平成)   年  月  日
  • 5.郵便番号:
  • 6.住所:          
  • 7.連絡先:
  • 8.自宅電話:
  • 9.自宅Fax:
  • 10.携帯電話:
  • 11.E-mail:
  • 12.備考:


    【参考資料】

    [函館碧血会会則]

  • 第1条 本会は函館碧血会と称し、事務所を会長宅に置く。
  • 第2条 本会は史跡碧血碑並びに境内の環境を保全し、慰霊・顕彰を目的とする。
  • 第3条 本会は次の事業を行なう。
    1. 年1回(6月25日)碑前祭
    2. 碑並びに境内の敷地の手入れ
    3. 会員の研修、広報の発行
    4. その他
  • 第4条 本会は第2条及び第3条に協力する有志を以って組織する。
     2.入会・退会については、別途定める。
  • 第5条 本会に次ぎの役員を置く
    1.   会 長   1名
    2.   副会長   2名
    3.   監査を置く
    4.   役 員   若干名
    5.   会長は会務を総括し、本会を代表する。
    6.   副会長は会長を補佐し、会長事故ある時は之を代理する。    
    7.   役員は会長の委嘱に依り会務を行う。
  • 第6条 役員の選出は次の方法による。
    1.   役員は総会に於いて選出する。
    2.   会長は役員から互選し、副会長は会長から委嘱する。
  • 第7条 役員の任期は2年とし、再選をさまたげない。
  • 第8条 本会に顧問ならびに参与を置くことが出来る。
  • 第9条 本会の経費は、会費・補助金及び寄付金による。
  • 第10条 会費は別途定める運営細則による。
  • 第11条 総会は原則として年1回例祭日に行い議事の審議及び会務の報告をする。
     2.会計年度は、6月1日から5月31日迄とする。
  • 第12条 本会則の変更は総会の決議に依らなければならない。
  • ※付記  会則変更日  第1回 平成 9年6月25日
  •             第2回 平成10年6月25日
  •             第3回 平成14年6月25日
  •             第4回 平成17年6月25日

    [慶弔規程]

    1. 会の運営に、功績のあった会員及び関係者に対し記念品又は祝電を贈り、謝意又は敬意を表す。
    2. 会員及び関係者が死亡したときは、弔辞又は弔電及び供花を贈る。
    3. 記念品、祝電及び弔電・記念品 一万円相当・香典 五千円 ・供花 時価
    4. 記念品、見舞金及び弔意等については、会長、副会長が協議し、役員会に報告する。

    ※参考
    ・叙勲、表彰、退任等。   ①祝電  ②記念品
    ・弔 意    ①香典 ②供花 ③弔電

  • [運営細則]

  • 1.年会費 一口千円とし、二口以上の納入とする。
  • 2.入会手続き
      碧血会に入会を希望するものは、所定の入会申請書を提出し、原則として役員会の承認を得るものとする。
  • 3.入会費
      入会費は千円とし、年会費と同時に納入する。
  • 4.退会
    1.    文書又は会長に申し出る。
    2.    会員逝去の場合は、弔意を表すとともに遺族に会員継続の有無を打診する。
    3.    3年間会費の納入のない時は、自然退会になることを通知する。
  • 5.事務局
        事務局長は局員から互選し、会長が委嘱する。   


    ◆函館碧血会は北原善通会長、木村裕俊事務局長をはじめとする役員会によって運営されております。

    ◆本WEBサイトは、木村事務局長が書いた文章をもとにして事務局員の福島誠が編集しております。

    ◆質問や感想、入会申込などは以下のメールアドレス sewanin(at)hekketsu.org  あてに(at)を@に変えたうえで 送りください。

    (函館碧血会・事務局)

    「函館碧血会について」のページに進む